レーシック手術にtry│レーシックのベーシックを知る

しかめる看護師

レーシックについて

レーシックの注意点

暗い目

レーシックは眼鏡やコンタクトレンズなどを使用せずとも視力が回復することから、その手軽さと便利さによって人気が高まり、利用者も数多く存在しています。しかしながらレーシックは手術になりますので、メリットがある一方で、やはりそれなりのリスクも存在します。手術後の激しい目の痛みやドライアイ、光が滲んで見えるハローグレア、過矯正などの合併症が発症する可能性もありますし、手術で削った角膜は元には戻りません。また過去には器具の消毒不足による角膜炎の集団感染が発生するなどのトラブルも起きていますので、レーシックを施す前に、あらかじめメリットとデメリットをよく理解した上で、実行するかどうかを判断すると良いでしょう。

地方都市と都心部の違い

東京などの都心部では、レーシックを実行している病院もたくさんあります。しかしそれゆえにサービスの質の低下などの問題もあり、現実に東京では集団感染症が発生するなどのトラブルも起きました。しかし地方都市では同じように競争率も高いのですが、このような事例は見つからないケースもあります。たとえば札幌の場合、なぜか評判の良いクリニックが集中しているという傾向があります。札幌も北海道では有名な都市ですが、東京などと比べれば規模は小さく、知人などの口コミ評判が浸透しやすい傾向にあります。それゆえに悪評も広がる率が高いので、実力がなければやっていけないというエリアでもあります。よって札幌ではレーシックを実行しているクリニックは、さほど数多く存在しているわけではありません。実力があり、かつプロ意識が高くてサポートも整っているクリニックしか、札幌ではレーシックは実行していないのです。