レーシック手術にtry│レーシックのベーシックを知る

しかめる看護師

レーシックするなら

視力回復したい人へ

2人の笑顔の女性

遠くが見づらくなってきた、景色がぼやける、眼鏡はもういやだ、という人には救いの手であるレーシック。 視力回復の手術を入院せずに受けられるということで、いま話題です。 そもそも視力回復の手術はずっと昔からあるようですが、このレーシックという方法が主流になってきたのは実は1990年代。まだ長い歴史のある術式ではないのです。 しかし、2000年に日本でも受けられるようになってからは、眼科医も技術向上を目指し、より安く、より安心に、より安全に受けられるよう切磋琢磨しているように感じられます。そして大きな全国展開している眼科だけではなく、町の眼科でもレーシックができる時代となってきました。 そのぶん、多くの患者さんが視力回復のチャンスをもてるようになりました。

レーシックの今後札幌ではどうか

札幌のレーシックの現状はどうなっているでしょう。 これだけレーシックをできる病院が全国で増加し、もちろん札幌でも増えている中で、今後重要となってくることはなんでしょう。 レーシックはまだ歴史の浅いものです。問題はこれから分かってくるといっても、過言ではないでしょう。ただ今現在言えるのは、術後のアフターケアがしっかりしているかどうかにあると思います。手術して終了、ではなく、その後問題ないか、何かすぐ対応してくれるかどうかも大きなポイントです。 札幌のレーシックを行う眼科でもアフターケアをうたっているところもたくさんあるようです。 術式に関しては、今後低価格でできたり、短時間でできる、という傾向が増えると予想されます。それと同時に、問題が出てくることも考えられます。低価格な分、保障が減ったり、てまを省いて感染症の原因になったり、というのもあるかもしれません。 しかし札幌には大きな大学病院もあるので、なにか問題が起こっても、全ての病院が連携して対処してくれるようなると思います。 自分の目のためにも、高くてもちゃんとした手術を行ってくれ、アフターケアもしっかり行ってくれる病院を選びましょう。